matuaの旅日記-結婚してても旅がしたい-

学生やシニアほどの自由がなくても旅がしたい!30代主婦の、たくさん旅をするためのブログ。

【2017沖縄】沖縄の海カフェといえば!「浜辺の茶屋」でゆったり時間を楽しもう

matuaです。

 

前回の

【2017沖縄】海の目の前!絶景を見ながらもずく料理を楽しめる「くんなとぅ」の後に行ったのが、こちらの「浜辺の茶屋」。

沖縄の海を間近で見ることができる海カフェです。

 

最高に気持ちがよかったので、今回は海カフェ「浜辺の茶屋」についてご紹介します。

(大興奮して写真撮りまくったのでブログでも写真多めです)

 

 

沖縄の海カフェの代表格「浜辺の茶屋」

f:id:matuachan:20180207230929j:plain

くんなとぅと同じく、沖縄本島南部の南城市にあります。空港からは30分。

自然の中に溶け込む木の看板がいい味出してます。もう20年以上続いてるカフェだからこその味ですね。

 

ここの看板のすぐ脇にはカウンターのテラス席が!

f:id:matuachan:20180209132906j:plain

この時は女子4人で訪れたので別の席にしましたが、写真のようにカップルとかなら最高ですね。

視界にはほぼ海、全体をひろーーーく見ることができるので気持ち良さそう。

 

このテラスの脇にある階段から下に降りると、店内と砂浜近くの席(屋外)に行くことができます。どこに座るにも、とりあえず店内の店員さんに声をかけましょう。

 

店内レジ横には色々とお土産もあります。

f:id:matuachan:20180209133325j:plain

 

本も出しているんですね。

本も出ちゃうくらい沖縄の海カフェとして有名なのだと改めて実感。

こちらのオーナーさんが書かれたものだそうで、店内でも販売していました。

 

ここからは「浜辺の茶屋」の魅力を詳しく見ていきましょう。(めっちゃ主観です)

【魅力1】何と言っても海が近い!

f:id:matuachan:20180207231027j:plain

何よりもこれ!

写真見てもらってわかる通り、客席から数十メートル先は波打ち際。

おそらくこんなに海が近くなければ、こんなに有名なカフェにはならなかったでしょう。「雰囲気は海カフェ」「雰囲気リゾート」っていうのは全国どこでもあるけど、この大自然に近い立地のカフェってなかなかない。

 

そしてここはリゾートっぽくないのが私は好きです。

素朴でナチュラル。豪華とか便利とかではないのが、東京から来たお疲れアラサーには気持ちいいのです。

ありのままでよければどうぞーって感じです。

 

【魅力2】沖縄産の食材を使ったドリンク&フードメニュー

f:id:matuachan:20180207231120j:plain

カフェの個性は立地もさることながらやはりドリンク&フードメニュー。

浜辺の茶屋では沖縄産のものを使ったメニューが豊富でした。

 

写真のアイスティーとトーストも沖縄産のものが入ってるんですが、名前忘れてしまいました。。

だって半年近く経ってるんだもの(言い訳)

 

こちらの公式ページには詳しくメニューがのっているので、チェックしてみてくださいね。→メニュー|浜辺の茶屋

海ぶどうのサラダや琉球紅花茶も美味しそう。オリオンビールもあります。

 

この直前にもずくそば&ジューシーの定食食べてるのにパン頼んじゃったので、相当満腹になりました。

 

【魅力3】海と自然と、そして猫。最強。

f:id:matuachan:20180207231214j:plain

私の大好きな旅行作家の吉田友和さんも言っていましたが、猫がいる場所は当たりだと思ってます。マルタ島とかね。

しかもこんなに近くで撮っているのに微動だにしない。笑

リラックスしてお昼寝してました。

 

オススメの過ごし方

私たちは女子トーク&安室ちゃんトーク(ライブ翌日だったので)で盛り上がってカフェ時間を過ごしていましたが、もし1人で来たりしたらこんな過ごし方がおすすめです。

・海風に吹かれながら読書

・ひたすらぼーっとする

 

ずーっと本読めそうです。ちょっと疲れたら顔をあげて海をみる。下の浜辺まで降りて体を伸ばす。海を見ながら思いを馳せて泣いてみる。

BGMは波の音なので、無になってぼーっとしやすいと思います。

イヤホンとか絶対にいらない。自然の音と空気と景色を満喫しましょう。

 

浜辺の茶屋でよりゆったり過ごすためのコツ

・混雑時間帯を避ける

かなりの人気店です。よりゆったり時間を楽しみたければ、混雑の時間帯を避けるのがベスト。私たちは日曜日の14時ごろに行きましたが、やはりピークだったようで席に案内されるまでに30分くらい待ちました。

並びたくない人は、平日の朝一でいければ一番ベスト。少なくとも土日祝日は避けたほうが無難です。 

 

・潮の満ち引きを確認しておく

浜辺の目の前だけあって、潮の満ち引きによって席がなくなったりすることも。

上記【魅力1】の写真の席は1時間後くらいの満潮時に撤去されてました。

浜辺がなくなるくらいに海水が上がって来ていたので、「どうしても浜辺を歩きたい」「浜辺ギリギリの席で楽しみたい」という人は必ず時間を調べて行きましょう。

沖縄県の潮汐表

ちなみに浜辺ギリギリ席以外はどの時間帯でも座れます。

 

海カフェを楽しもう

沖縄の海を眺めながら、ゆったり「浜辺の茶屋」のカフェタイムを楽しんで見てくださいね。

ちなみに、近くには姉妹店などもあるようです。こちらもぜひ。

(行ってみたかったけど流石に満腹で断念)

sachibaru.hamabenochaya.com

 

☆こちらの記事も合わせてどうぞ!

【2017沖縄】海の目の前!絶景を見ながらもずく料理を楽しめる「くんなとぅ」

【2017沖縄】国際通りのホテル「アベストキューブ那覇国際通り」に2泊しました。