旅行記

台湾は女子旅が最高!①空港とバニラエア機内編

matuaです。

 

2016年10月の旅行の話ですが、台湾に女子2人旅してきました☆

お互いに既婚子供なし、夫はそれぞれ日本に置き去りにして、2泊3日で台湾へ。

 

今回は利用した空港とバニラエアについて紹介します。

台湾旅行に行く方、行く予定がなくても妄想したい方の参考になれば。

f:id:matuachan:20170819153217j:plain

 

 

成田空港第3ターミナルへの行き方

今回はLCCであるバニラエアで行くツアーに申し込んだので、成田空港第3ターミナルからの出発でした。

 

第2ターミナルまでは電車で向かい、そこから第3ターミナルへ移動します。

が、このターミナルつかったことある人はわかると思いますが

遠い!!!!!

 

第2ターミナルから結構離れてます。徒歩15分弱くらい?

そこを大きいコロコロ転がしながら歩くのは、出発前の高揚感は持っているものの結構しんどい。おしゃれ女子の方は、絶対ヒールとかで歩かないように。(いないか)

 

ちなみに連絡バスもちゃんとあるので、歩きたくない人はこちらが便利です。

5分くらいで行けちゃう。なんで歩いたんだろう?w

 

歩くにしてもバスにしても、時間にはかなり余裕を持って行動したほうがいいです。

あとは、事前に確認もしときましょう。

www.narita-airport.jp

空港での過ごし方

第3ターミナルにはフードコートもあり、食べる場所には困りません。

ただし、時期や時間帯によっては結構混みます。

matuaは第2ターミナルから15分歩いてどっか座ろうとしたら、席が全然空いてなくて辛かった。。

でもどんどん搭乗アナウンスが入って移動しだすと空くので、その隙を狙って座れました。

 

お土産やさんとかもちょっとありますが、成田の第1第2ターミナルと比べてしまうと全然です。忘れ物してちょっと必要なぶんを買うのはできますが、ショッピングを楽しむほどではない感じ。

 

matuaは友達と合流後、台湾での食い倒れに備えて腹ごしえを。

f:id:matuachan:20170819153253j:plain

ちなみにmatuaはリンガーハット、友達はうどんです。

 

バニラエアの乗り心地

やはり機内の座席幅はちょっと狭目でした。

でもよっぽどのデブ体格のいい方でなければそんなに窮屈ではないと思います。

特に台湾はフライト時間も短めなので、全然耐えられるかと。

(耐えてた感覚も正直ないけど)

 

意外だったのはシートが革張りだったこと。

たぶん布地よりも手入れがしやすいからなのかな?

なんとなくリッチな気分を味わえましたw

 

機内では飲み物や食べ物は有料です。

matuaたちは飲み物は事前に持ち込んでいたのですが、2人とも初のLCCだったので注文してみました。

 

f:id:matuachan:20170819153349j:plain

 クリームパン(350円)とコンソメスープ(200円くらい)かな?

クリームパンは思ったより小ぶり…。

でもこれから台湾で食い倒れることを考えるとちょうどいいサイズ。

(特技は前向き思考です)

コンソメスープはあんまり印象に残ってないけど、たぶんおいしかったと思います!w まずくはなかったはず。

 

www.vanilla-air.com

ほかにもお弁当みたいなしっかりしたごはんもあるみたいです。

約3時間半くらいでついてしまうので、節約したい人は自分で何か持ち込んで食べても全然大丈夫です。

(近くの席の人は手作りおにぎりを持ってきて食べてる人もいたし)

 

LCCであることを忘れずに楽しむ

空港や機内でのサービスは、大手キャリアと比べると簡素ですが

その分安く乗れることを考えると「当然かな」と思います。

たまに「これだからLCCは…」みたいに言う人もいますが、選んだのは自分であるはず。LCCで行くことを忘れずに、旅行を楽しむことが大切ですね。

 

その分、台湾での食い倒れに本気をだす!!

(ここまでですでに結構食べてますが気にせず)

 

 

 おまけ

この記事で、7日間連続でブログを書くことができました!すごいぞ!

これも見てくださる方、読者登録していただいてる方のおかげです。

まだ読者登録していない方、していただけるととっても励みになります。

ありがとうございます!