旅のコツ

旅行の計画を立てよう!ガイドブックの選び方

matuaです。

 

10月に友達と海外旅行を計画中です☆

行き先は

マレーシア、クアラルンプール!!

f:id:matuachan:20170822214435j:plain

 

去年行った台湾旅行以来1年ぶりの海外です。

 

matuachan.hatenablog.com

matuachan.hatenablog.com

 本当は毎月のように海外行くのが理想ですが!

 

私の中では、準備から旅は始まっているので早速いろいろ計画を立てたい!

そのために、まずはガイドブックが必須。

ということで、今回はmatuaなりのガイドブックの選び方について紹介します。

 

 

ガイドブックを選ぶ前に

ガイドブックを選ぶ前に、まずは行きたい場所や都市はざっくりでもいいので決めましょう。それによって、選ぶガイドブックも変わります。

 

例えば、今回のマレーシア旅行はクアラルンプールをメインにしています。

ボルネオ島とかも魅力的だけど、時間的に多分厳しいので・・。いけてマラッカかなぁ。

この場合、マレーシア全土の情報はいらないので、クアラルンプールを中心としたガイドブックを選ぼうと焦点を絞ることができます。

 

「全然知識がなくてわからない!」という時は、ガイドブックを買う前に行き先についてネットで調べてみましょう。

ガイドブックも安くはない(1000円くらいしますよね)ので、経費削減の意味でも有効です。

 

ガイドブックを選ぶ時のポイント

私はいつも以下5点をポイントに選んでいます。

 

①発行年月日

せっかくの旅行なので、最新情報を得ておきたいところ。ガイドブックの発行年月日は必ず確認しています。

だいたい1番後ろの奥付(出版社とかいろいろ書いてあるところ)に、発行年月日やいつ頃の取材に基づいた記事なのかが書かれています。

時々1番最初に書いてあることもあるので、後ろになければ探して見てください。

f:id:matuachan:20170822220721j:plain

ちょっとぼけてますが。

 

②自分にとって必要な情報が載っているか

ガイドブックを選ぶ前にざっくり決めた行き先や目的に合った情報が載っているかを、パラパラみてみます。

食べ歩きしたければ、屋台やB級グルメ情報、リッチにスパで癒されたければホテルスパ情報と、自分の目的を達成するための情報があるか確認しましょう。

各社様々なコンセプトで作られているので、本屋さんで見比べるだけで楽しいですよね。

③見やすいかどうか

ガイドブックは旅行中もホテルや街中で見る機会も多いもの。

ぱっとみたときの見やすさは、現地では意外と大切だったりします。

特に地図!!

グーグルマップで見ることもできるけど、やっぱり紙の地図の使用頻度のほうがmatuaは多いです。

都市部の旅行は地下鉄や電車の路線図もよく見るので、ここもチェックします。

f:id:matuachan:20170822222550j:plain

 

④持ち歩けるサイズかどうか

これも持ち歩くには大切なポイント!

最近は小さめのガイドブックがたくさん出ていて豊富です。

大きめサイズのるるぶやまっぷるも、ミニサイズが増えてきていますよね。

 

まっぷる シンガポールmini '18 (まっぷるマガジン)

まっぷる シンガポールmini ’18 (まっぷるマガジン)

 

 カバン小さめな女子には朗報。

matuaはカバン大きめ女子ですがw

⑤読んでてワクワクするか

ここ個人的に1番大切!!!

ガイドブックは旅行気分を高めるものだからです!!(持論です)

このワクワクは、便利なスマホでも私は感じられないのです。

 

個人的にはことりっぷやarucoが好き。やっぱりビジュアルが◯。

女子が好きそうな感じですよね。わかっててまんまとターゲットにはまってますw

旅行ガイド (ことりっぷ 海外版 ゴールドコースト・ブリスベンケアンズ・グレートバリアリーフ) 23 地球の歩き方 aruco バンコク 2018~2019 (地球の歩き方aruco)

 

今回のガイドブックは・・・

今回の記事を踏まえ、早速クアラルンプールのガイドブックを買いに☆

ほんとは自分の好きなことりっぷやarucoのつもりでいたのですが、

マレーシアがそもそも種類がない!!

 

結局こちらの「タビトモ」にしました。

 発行年も1番新しいのがこれでした。

クアラルンプール マレーシア (タビトモ)

クアラルンプール マレーシア (タビトモ)

 

 

なんでだろーやっぱり人気のあるところから作られるからなんですかね??

移住先としても人気の国だし、もうすこしあってほしいなぁと感じました。

これからに期待。

 

今回の記事が、これからのガイドブック選びの参考になればうれしいです☆