香港・マカオ

【バスで香港→マカオ】「ワンバス(港澳一號)」に乗ってみた!詳しい乗り方と注意点

matuaです。

先日、香港・マカオ旅行に3泊4日でいってきました。

最初の2日間が香港で3日目にマカオに移動したんですが、この時2018年に開通したばかりの「港澳海峡橋」を通るバスを利用してみました。

香港からマカオまでの交通手段は今までフェリーが主流でしたが、

  • フェリーよりも安い
  • 船酔いもない
  • フェリー乗り場まで移動する必要がない

と結構便利でした。

マカオへのバスルートはいくつかありますが、この記事では香港市内からマカオの主要ホテルまで直通の「ワンバス(港澳一號)」の乗り方や注意点をご紹介します!

この記事はこんな人におすすめ
  • 香港市内から安くマカオに行きたい
  • 複雑な乗り換えはいやだ
  • マカオの主要ホテルまで一気に行きたい

ワンバス(港澳一號)とは?

香港市内の觀塘(カントン)からマカオの主要ホテルを結ぶバスです。

2018年にできた港澳海峡橋を渡るルートで、約2時間ほどで香港とマカオを行き来することができます。

香港・マカオどちら側からも、30分〜1時間おきにバスが出ています。

香港からは8:00〜18:00、マカオからは11:00〜21:30の間で運行しているようですね。

ワンバス(港澳一號)の料金は?

ワンバス(港澳一號)は曜日や乗車時間帯によって少し値段が変わります。

平日8:00〜17:59 170香港ドル(約2,400円)
平日18:00以降・土日祝日 190香港ドル(約2,700円)

土日の方が少し高くなりますが、フェリーが270香港ドル(約3,761円)するのと比べてみると1000円くらい安く乗れますね。

ワンバス(港澳一號)で「香港市内→マカオのベネチアンホテル」まで乗ってみた

今回は香港市内からマカオのベネチアンホテルまでを利用してみました。

香港市内からの乗り方
  1. チケットは事前予約がおすすめ
  2. MRTで觀塘(カントン)へ
  3. apmのチケット売り場でチケットを受け取る
  4. apmのバスターミナルからバスに乗車
  5. 香港側の出国審査を受ける
  6. マカオ側の入国審査を受ける
  7. 各ホテルに到着

順番に注意点も含めて紹介していきます。

1・チケットは事前予約がおすすめ

ワンバス(港澳一號)は乗る当日にチケットカウンターで購入することもできますが、カウンターの方は英語は話せなそうでした。

事前に公式ページからオンライン予約しておくのがおすすめです。

matua
matua
私は乗車時間の2時間前くらいに予約しましたがチケット取れました!

広東語と英語のサイトですが、見やすくてわかりやすいのでそんなに難しくはないかと思います。

Google翻訳も一緒に使えば、英語読めなくても大丈夫です。

2・MRTで觀塘(カントン)へ

ワンバス(港澳一號)のチケットカウンターと乗車場所は「觀塘(カントン)」にあるapmというショッピングセンターにあります。

觀塘(カントン)までは、市内を走る地下鉄MRTでいけます。

私はホテルのある油麻地(ヤウマティ)からだったので約20分程度でした。乗り換えもなく1本でいけますよ。

apmは觀塘(カントン)駅から直結なのですぐにわかります。

3・apmのチケット売り場でチケットを受け取る

apmに着いたら、まずはチケットカウンターでチケットを受け取っておきましょう。

matua
matua
乗車の30分前までにはチケットを受け取る必要があるので、注意してくださいね。

チケットカウンターはややわかりづらいところにありました。

チケットカウンターまでの行き方
  1. 駅から繋がっているフロアのインフォメーションへ
  2. インフォメーションの右側のエスカレーターでGフロアへ(バスや飛行機のマークが書いてあるエスカレーターです)
  3. バスロータリーの奥の白い扉へ
  4. チケットカウンター発見

順路の写真をすべて撮っていなかったのが悔やまれる!

もし迷ったらインフォメーションで聞きましょう(笑)

英語できない方は、カウンターの写真見せれば通じると思います。

予約時のQRコードを見せればチケットが受け取れます。

4・apmのバスターミナルからバスに乗車

乗車時間前になったらバスターミナルへ。

緑色の車体が目印です。2番乗り場がマカオ行きのようです。

バスは自由席なので好きなところに座りましょう。

この日は休日ということもありほぼ満席状態。

ほぼ現地の人のようで、日本人や欧米系の方はいませんでした。

スーツケースなどの大きな荷物はバス下にしまえます。

係の人の手伝いなどはないので、自分でやります(笑)

5・香港側の出国審査を受ける

バスに乗って30分ほどすると、香港側のバスターミナルにつきます。

広東語でアナウンスが入るのでわかるかと思います。

英語の説明もないので何言ってるかはわかりません(笑)

ここでは一度すべての荷物(スーツケースも)を持って出国審査を受ける必要があります。

ターミナルにはトイレや売店もありました。

出国審査を抜けたら「澳門(マカオ)」と書かれているゲートへ。

外に出ると、さっきまで乗っていたのと同じワンバスに乗ります。

ここからがいよいよ橋の上。

matua
matua
左右は海ですが、この日はかなりガスっていて真っ白…。

6・マカオ側の入国審査を受ける

橋を渡りきったら、今度はマカオ側のバスターミナルで入国審査を受けます。

香港側の時と同様、すべての荷物を持って移動します。

また同じ緑のバスを探して乗りましょう。

7・各ホテルに到着

マカオの主要ホテルに順番に停車していきます。

予約時などにホテル名のチェックなどはなかったので、ホテル宿泊者でなくても乗れるかと思います。

  1. サンズマカオ
  2. ベネチアンマカオ
  3. パリジャンマカオ

の順で止まっていきます。

まとめ:ワンバス(港澳一號)は、フェリーより安くて楽

香港からマカオまでのバスルートはまだ情報が少なくて、乗りながら

「出国審査はどうするの?」
「バスのチケット売り場はどこ?」

と結構不安になったので、どなたかの参考になればと思いこの記事を書いてみました。

審査などで降りる手間はあるものの、フェリーよりも安く、香港市内からホテルまで乗り換えなしで行けるのはとても楽で便利でした。

香港からマカオへ行く時には、良かったら利用してみてくださいね!