ジブン手帳ガイドブックに掲載していただいた記事はこちら
名古屋

【名古屋】ウィラートラベル(リラックス)の乗り心地を体感!高速バスでの快適な過ごし方

f:id:matuachan:20180405103539j:plain

matuaです。

先日のヒトデナイト参加のために、1泊2日の一人名古屋旅に行ってきました。

その時利用したのが、高速バス。

高速バスと聞くと

・安いけど辛い

・お金のない大学生の乗り物

・お尻が痛くなる

などなど、あまりいいイメージを持っていない方も多いですよね?

でも最近はそんなイメージを払拭しようと、かなり快適な高速バスがたくさんあるのです。

今回はウィラートラベルのリラックスというタイプのシートに乗車しました。

・高速バスの移動を快適に楽しみたい

・価格が安いのはいいけど、辛いのは嫌だ

・女子1人旅で高速バスを利用したい

こんな風に思っている方に参考になれば嬉しいです!

ヒトデナイトってなんですか?という方は、

【ヒトデナイト】オフ会当日体験レポ!参加してみて得られたものと失ったもの

を読んでみてくださいね。

ウィラートラベルの高速バスって?

f:id:matuachan:20180327194656j:plain

WILLER TRAVELでは、東京、横浜、大阪、京都、名古屋、仙台、金沢、福岡など主要な都市はもちろん、日本全国をつなぐ高速バスをモバイルサイト、PCサイトから簡単にご予約可能です。予約内容の確認や、変更もオンラインで行うことが出来て大変便利!

取り扱い路線は日本全国120路線以上、毎日880便以上となり、年間240万人以上のお客さまにご利用いただいています。

グループ会社が運行するWILLER EXPRESSはピンクのバスでおなじみ!全19種類の豊富なシートラインナップが自慢です。
女性の声から生まれた寝顔を隠せるカノピーが特徴のリラックスシリーズ、バス車内で食事が楽しめるレストランバスをはじめ、上質な眠りの環境を提供するリボーンなど、乗り心地に徹底的にこだわった高級シートまで、高速バスの概念を覆す、さまざまなシートからお選びいただけます。

http://travel.willer.co.jp

このピンクのバスを見たことがある人も多いのでは?

見た目からしてかなり女子向けな感じですが、やはり女性の声をもとに色々と工夫して作られているバスのようですね。

でも男性の乗客もたくさんいましたよ。

学生さんのような若い方が多かった印象です。

ここが快適ポイント!

今回は、

行き 10:00東京→16:30名古屋

帰り 16:30名古屋→23:00東京

の約6時間半(渋滞で遅れたので+1時間乗りました)にそれぞれ乗りました。

往復で乗ってみて体感した、快適ポイントを紹介します。

ちなみに、往復合わせて約8500円でした。

新幹線の約半額!!

男女の席が離れてる

ウィラーだけではありませんが、

女子旅にとって、隣や近くの席に男性がいるというのはなんだか落ち着かないですよね?

今回乗った高速バスでは、

前側が男性席、真ん中はカップル席、後ろ側が女性席

となっていたので、変に気を張ったりせずにリラックスして乗れました。

フード(カノピー)がついている

ウィラートラベルのリラックスタイプの一番の特徴がこのフード!!

普通の座席にカバーがついただけと侮るなかれ。

フード1つあるだけで、快適さが全然違いました!!

http://cdn.willer.co.jp/seat/relax/img/spec01.jpg

http://travel.willer.co.jp/seat/relax/ よりお借りしました)

一番下まで下ろすと、顔をすっぽり覆うくらいの大きさになります。

寝たいときはもちろん、ちょっと日差しを遮りたい時とかにもぴったりでした。

あとは気持ち的にすごく安心感があります。

ほんのちょっとなんだけど、プライベート感というか、自分の世界に入り込めるというかw

フードを下ろしてスマホで動画や映画を観ると結構入り込めるので、おすすめです。

隣の席の人とぶつからない!

http://cdn.willer.co.jp/seat/relax/img/spec07.jpg

http://travel.willer.co.jp/seat/relax/ よりお借りしました)

このリラックスは4列シートのバスでした。

4列シートだと、空席がある時以外は隣に人が座りますよね?

個人的にちょっと嫌なのが、隣の人と腕が当たること。

友達とか家族なら全然いいんですが、他人だとやっぱり気も使うし。。

さりげなさ過ぎて乗ってしばらくしてから気がついたんですが、

このウィラーのリラックスは、隣の席との間に壁&ドリンクホルダーがあるので腕があたりませんでした!!

ちょっとした快適ポイントなんですが、

この壁と前述のフードで、自分の縄張りがちゃんと確保できましたw

全席コンセント付きでスマホ使い放題

各座席の壁際(通路側席は左側にあるようです)には。100Vまで対応可能なコンセントがついていました。

スマホの充電をしながら乗車できるので、動画やTwitterなどみながら快適に過ごせます。

ただし、パソコンなどの多く電力を使うものは使用できないようです。

(運転手さんから注意事項としてアナウンスがありました)

私もパソコンを持ち込んでましたが、充電もできないのとタイプ音が結構響きそうだったので、車内では使用しませんでした。

背中のクッションがいい感じ

私が高速バスに乗る時は、必ず背中や腰が痛くなることがよくあります。

おそらく長時間同じ姿勢で座っているからだと思うんですが、

今回のこのウィラーのバスでは、痛くなることがありませんでした。

後から調べてみたら、やっぱり座席のクッションの工夫があったようです。

背もたれ・座面・腰の3つのパーツでそれぞれ厚みや柔らかさの違うクッションを採用。

http://travel.willer.co.jp/seat/relax/

このクッションだから必ず腰痛が起こらないとは言えませんが、

腰や背中にあまり負担をかけたくない人にはありがたい工夫ですね。

より快適に過ごすためのポイント!

充電器は必ず車内へ持ち込む

実は、私行きの車内に充電器を持ち込むのをすっかり忘れて、

下の預け荷物に入れてしまうという大失敗を犯しました。。

ツイッター見たり動画見たりすると、スマホの電池ってあっという間に減りますよね?

名古屋到着時には充電が8%、すぐにヒトデナイトだし名古屋の道わからないしでちょっとしたパニックに陥りましたw

せっかく電源のサービスがあるので、忘れずに充電器は車内に持ち込んでください

首を支える枕があるとより快適

シートにも小さめの枕はついているんですが、

やはり首がグラングランして落ち着きません。

私はネックピローを持ち込んでいたので、首が痛くなることもなく快適に過ごせました。

私にとっては旅の相棒とも言えるもので、あるとないとでは快適さが全く変わります。

夜行バスは3列独立シートの方が楽

f:id:matuachan:20180405101028j:plain

http://travel.willer.co.jp/seat/beaute/よりお借りしました)

今回は日中の高速バスだったので4列シートのリラックスを選びましたが、

寝ることになる夜行バスだったら3列独立シートの方がより寝やすく快適です。

数年前に東京から大阪に行った時は、

ウィラートラベルの「ボーテ」というタイプの夜行バスに乗りました。

やはり隣に人がいない方が断然気持ちが楽で寝やすかったです。

あとはカラフルで可愛いのと、鏡やイオン発生器がついてましたw

リラックスに比べるとやはり金額は上がりますが、

貴重な睡眠時間をしっかり確保するためには必要な投資だと思います。

シートベルトは必ず着用!

当然なんですが、シートベルトは必ず着けたままで乗っていてくださいね。

今回の行きのバスで、走行中バイクに当て逃げされるというプチ事故が起こりました。

乗客には怪我とか何もなく、 むしろ私は当て逃げあったことも気づかなかったくらいだったんですが

この経験で「やっぱり事故っていつ起こるかわからないんだなー」と感じました。

f:id:matuachan:20180405101813j:plain

運転手さんは当て逃げがあったことを伝えてくれて、途中SA休憩の時に警察による現場検証もありました。

休憩の時などについ外したままになりがちですが、ちゃんとそのつど装着しましょうね!

快適な高速バスが、工夫次第でもっと快適に

ウィラートラベルのバス自体が女子向きで、とても快適に作られている印象でした。

さらに自分好みに快適を追求すると、ただの移動時間がより楽しくなりますよ。

そして何より安い!!

東京から名古屋へは新幹線もありますが、一番の魅力はこの安さですよね。

ウィラートラベルは特に女子旅にめちゃめちゃおすすめです!

今回の快適ポイントを参考に、移動も楽しんでくださいね☆